ホーム
商品情報
企業情報
採用情報
お問い合わせ

ホーム > 商品情報 > FACIAL FITNESS PAO

TVCM・新聞をご覧になった方はこちらをクリック
CR来日特設サイト CR来日アフターレポート



「CR笑顔の筋トレ」編(30秒) 「Everybody笑顔の筋トレ」編(30秒)

フェイシャルフィットネス PAOは
顔の筋肉を鍛えて魅力的な笑顔に導く、
専門家のアドバイスにより誕生した独自のトレーニングアイテム。
楽しく、リズミカルに続けられるPAO運動で
顔の筋肉を鍛える文化を創ります。
さあ毎日楽しく、Shape up, Face up!

フェイシャルフィットネス パオ
アスリートのボクがたったひとつ、鍛えていなかったところ。

若々しく最高なスマイルを生み出すためには、
顔の筋肉を鍛えることが重要です。
そのためには3つの重要なポイントがあります。

ほうれい線が目立たないハリのある口元が、若々しい印象をつくります。小頬骨筋大頬骨筋という筋肉が、このほうれい線に深くかかわっています。
たるみがなく、キュっと引き上がったフェイスラインは、スマイルの重要なポイントです。頬筋笑筋という筋肉が関係していると言われています。
口の両脇の角度が上がると、すがすがしく若々しい笑顔が生まれます。大頬骨筋口輪筋という筋肉を鍛えましょう。

リズミカルに、ダンスのような楽しさで、毎日続けられるPAO運動。
口にくわえて、ゆらゆらと揺らすだけで、顔の筋肉にアプローチします。

PAO運動の方法
①口を「お」の形に開きます。
②中央のマウスピースを唇でくわえます。
③首を上下に振り、両端にあるウェイトを上下に揺らします。
④1回30秒〜、1日2回行います。
※鏡を見ながらまっすぐ正面を向いた姿勢で
PAO運動することをおすすめします。
なぜ若々しさには筋肉が必要なの?

化粧品やマッサージなど「外側からのアプローチ」だけでなく、肌の土台となっている筋肉のたるみを解消するには、トレーニングが重要です。口元の筋肉を鍛える「内側からのケア」で、老化のサインが出やすいほうれい線、フェイスライン、口角に集中的にアプローチできます。

筋肉がたるむと、その上にある皮膚も下にさがり、結果として老けた印象を与えます。顔の筋肉を鍛えて引き締めることにより、内側から皮膚をしっかりと支えます。

老化のサインの出やすい口元には「筋肉トレーニング」が必要です。

顔の筋肉は約40種あると言われていますが、普段の生活ではそのうちの約70%は使われていないと言われています。しかし、筋肉は使わないでいると、衰えてたるんでいきます。特に顔の下半分は筋肉がたるみやすく年齢の出やすい所です。

奥村

奥村 智子 医師
湘南美容外科クリニック
渋谷院 院長

しかし、筋肉は何歳からでも鍛えることができます。皮膚の土台となっている筋肉を鍛えることで、化粧などでは隠せない本質的な若々しさを導くことができます。

PAO運動をささえるトリプル・テクノロジー

物理学と人間工学を追究し、口まわりの筋肉を効果的に鍛えるためだけに開発されたPAO運動。
その独自のトリプル・テクノロジーによって、ただくわえて振るだけで最大かつ集中的、そして効果的に口まわりの筋肉を鍛えます。

首を振るだけで、両端のウェイトが大きく揺れるPAO運動。
その動きの秘密は物理学に基づく、固有周波数と加振力の振動数が一致する「共振運動」にあります。
この「共振運動」により、首を振るだけで、顔の筋肉に大きな負荷をかけることができます。

①と②の1秒間に揺れる回数(周波数)が一致すると
大きなエネルギーが生まれる

ベストスウィングの追求
振り幅20cm、しなり角43度の「ベストスウィング」で、
さらに効率的・安定的に顔の筋肉に負荷をかけることができます。
バランスウェイト
筋肉レベルにあわせ、負荷を3段階で調整できる「バランスウェイト」。常に最適の負荷量でPAO運動ができます。

唇で保持する部分は、
本体中央から30mm離れています。
このように少し離れた距離で保持することで、
筋肉にかかる負荷をより強くしたものです。

効果的に鍛えるくわえ方を追求した「マウスホールド」は、発生した負荷を唇(口輪筋)で受ける時、効率的に筋肉を刺激するよう設計。また、口まわりに集中的に負荷がかかるよう、負荷を集めるくわえ方に特化した構造です。

唇だけで支えることで、
くわえるだけでバランスよく負荷がかかります。

マルチフィット
唇の厚みは上下と左右では大きく変わります。唇の厚みを考慮し、カーブの大きさを繊細に調整しています。
楽しいから続く、実感できるから続く!

見ているだけで「思わず試したくなる」楽しさと、顔の筋肉に「しっかり効いている」という実感で、
毎日続けられるのがPAO運動です。

笑顔のコミュニケーションのために

よりよい表情のための「顔の筋トレ」と聞いたときは、言わばコペルニクス的発想の転換で衝撃でした。顔のトレーニングはまさに未開拓地帯。われわれ日本人は挨拶をするとき、顔を伏せて相手の顔を直接見ない。でもこれからはグローバルな時代ですから、ちゃんと相手の顔を見て、「よろしく、こんにちは、ありがとう」と笑顔でコミュニケーションすることが大事だと思います。そのためにも顔の筋肉を鍛えて、口角の上がったいい笑顔をみんなで作っていけるといいですよね。PAOは年齢性別問わず、うきうき楽しめるトレーニングだと思います。

菊地幸夫 弁護士
弁護士業務の傍らTV番組への出演も多数。一方で、体力作りにも勤しみ、各地のトライアスロン大会へ出場。地元小学生のバレーボールチームの監督等も務めている。
ホワイト
ブラック
商品名 FACIAL FITNESS PAO(フェイシャルフィットネス パオ)
価格 ¥12,800(税抜)
¥13,824(税込)
品番 FF-PO1858F-W(ホワイト)
FF-PO1858F-N(ブラック)
サイズ W約540mm×D約65mm×H約35mm
材質 熱可塑性ポリウレタン、ステンレス、ポリカボネート+ABS樹脂
商品名 マウスピース
サイズ W約43mm×D約36mm×H約40mm
材質 熱可塑性エラストマー
商品名 マウスピースケース
サイズ W約64mm×D約70mm×H約45mm
材質 ポリプロピレン
商品名 バランスウェイト
サイズ W約61mm×D約28mm×H約10mm
材質 亜鉛、ABS樹脂
商品名 ポーチ
サイズ W約118mm×L約600mm
材質 ポリエステル

・7月22日より順次発売を開始致します。
・一部のチャネル・店舗によって発売日が異なりますので、予めご了承お願い致します。


pagetop